ダイアリー

【2024年版】子ども用GPS比較「おすすめ10選」気になる1位はコスパ最強!

入学シーズンも一段落し、これから子供が一人で行動する機会も増えるのではないでしょうか。そのような中で、やっぱりの子供の位置情報を把握したい!という方も多いはずです。

そこで活躍するのがこども用のGPSなのですが、子供用見守りGPSは10社以上が競合し、多種多様となっていますし、口コミや評判も気になるところです。

本サイトでは、各社の新製品を簡単比較してみました!

筆者の子供も小学校入学を機にGPSを持たせており、これまでの経験を基に10社(BoTトーク、はろここ、まもサーチ2、どこかなGPS2、みてねみまもりGPS(第3世代)、みもりGPS、conecoコネコ、アミューリンク、あんしんウォッチャー)の製品を比較し、その中から当サイトのおススメを決定しました。

また、お子様2人にそれぞれGPSを持たせたい方に朗報!コスパ最強の1社あります。

子ども用GPSって何?どんな機能があるの?など、基本についてやさしく簡単に解説したページもありますので、是非参考にしてください。

【2024年版】子ども用見守りGPSを優しく解説。おススメはある?気になるアレで代用できる!? 子供が成長するに伴い行動範囲が広くなっていきますよね?そうなるとやっぱり親としては、子供が今どこにいるのかを把握しておきたいものです。...

子供見守り用GPSを検討されている方は、是非最後まで御覧ください。

【この記事は、アフィリエイトリンクを含みます。】

10社の機能を比較

この記事を作成するに当たり、今回は10個の小型GPSを比較してみました。

2024年のトレンドとしては、BoTトークやアミューリンクのように双方でボイスメッセージのやり取りができるGPSが登場していることです。

本ブログでは現在地発信ができる機種をおススメしていますが、今後はメッセージのやり取りができる機種が主流になってくる可能性がありますね。

GPS BoT (第2世代モデル)、BoTトーク

  1. BoTトーク」2022年に登場!(GPS BoTは完売済)
  2. 現在地発信機能は無いが、トーク(ボイスメッセージ)送受信可能。
  3. トークなしでGPS単体としても利用可能。
  4. 本体価格は、5,280円(税込)。
  5. ランニングコスト月額、トークあり:748円(税込)、トークなし:528円(税込)。
  6. 価格、機能ともに「スタンダードな一品」とういう印象だが、最近のトレンドであるメッセージ送信が可能であるため、有力な一品である。

ランニングコストは他社比較で少し高いが、相互ボイスメッセージが可能なBoTトークは魅力的!

はろここ

  1. あの文具メーカーのコクヨ
  2. 標準的な特徴と機能はしっかり搭載
  3. 現在地発信機能あり。
  4. サイズ・質量は、ともに標準。
  5. 本体定価6,930円(税込)が、何と今なら52%OFFの3,326円(税込)。
  6. ランニングコスト、月額580円(税込)。現在、初月無料!

必要な機能は備えてあるコクヨブランド。

本体割引と通信費初月無料は、気軽に始めるには最適!

あんしんウォッチャー

↑公式ウェブサイト↑

  1. あんしんのauブランド
  2. 標準的な特徴と機能はしっかり搭載
  3. 1回充電で最大で1.5ヶ月使用可!
  4. 現在地発信機能あり。
  5. サイズ、質量は、ともに標準。
  6. 2台目の月額料金は不要!2台でも1台分の月額528円で利用できます!

あんしんウォッチャーとあんしんウォッチャーLEの違い

使用する本体や機能は全く同じで何も変わりません。デバイス本体と月額プランの違いだけです。

あんしんウォッチャー
  • GPS本体を購入(11,000円税込)すれば、1年間使用可能!
  • ✔13カ月目から月額利用料(539円税込)を支払い。
  • ✔auHOMEの初期費用2,200円は、なんと今なら無料!
  • (このauHOME初期費用は、GPSを利用するための事務契約手数料みたいなものです。)
  • 現在10%割引キャンペーン中 11,000円 → 9,900円(税込)
あんしんウォッチャー LE
  • GPS本体購入(5,680円税込)で、初月無料!
  • ✔ 2カ月目以降は月額539円(税込)。
  • ✔ auHOMEの初期費用2,200円は、なんと今なら無料!
  • (このauHOME初期費用は、GPSを利用するための事務契約手数料みたいなものです。)
  • 現在30%割引キャンペーン中 5,680円 → 3,975円(税込)

ランニングコストはほぼ最安であり、GPS本体もキャンペーンで最安値でゲットできます。お子様が2人いらっしゃる方は、2台で1台分の月額利用でOK。

2024年、今始めるならコレです!

公式サイトから申込みで、現在割引きキャンペーン実施中!

まもサーチ2

  1. 特徴や機能は標準的。
  2. 現在地発信機能あり。
  3. GPS本体は、5,280円(税込)。
  4. ランニングコストは、月額528円(税込)。
  5. 年間契約で5,500円(税込)を一括払いすると、1ヶ月あたり458円(税込)。

必要な機能は抑えつつ、ランニングコストは見守りGPS最安級。

どこかなGPS2

  1. 2022年12月「どこかなGPS2」新登場!
  2. 本体の重さは従来の約2倍、サイズは一回り大きくなったが、1回充電で最大で1.5ヶ月使用可!
  3. 2周波GPSへの対応により、測位精度が向上。
  4. 現在地発信機能あり。
  5. GPS本体とスマホが一定距離離れるとスマホにお知らせする機能(迷子防止)、乗り物検知機能も搭載。
  6. 従来の2年契約が無くなり、使いやすくなった。
  7. GPS本体は、7,480円(税込)。
  8. ランニングコストは、月額528円(税込)。
  9. 現在、6ヶ月無料キャンペーン実施中!
  10. すみっコぐらしとのコラボあり。

充電忘れが一番怖いため、1回充電で最大で1.5ヶ月使用可は、優秀!

キャンペーン実施中に、使ってみる価値あり。

みてねみまもりGPSトーク

  1. 2024年3月「みてねみまもりGPSトーク」新発売!
  2. 新入園・新入学お祝いキャンペーンで、GPS本体は、5,280円(税込)。
  3. ランニングコストは、GPSのみ月額528円(税込)、トーク付月額748円(税込)
  4. ドコモとKDDI、2社のネットワークに対応!電波に強い!
  5. バッテリーは、トーク使用時で最大3週間程度。
  6. 本体は4色から選択可能、歩数計機能あり、移動履歴保存3ヶ月(他社は1~2週間程度)。
  7. トークなしのGPS本体(第三世代)は、キャンペーンで2,904円(税込)。

2024年、ついにメッセージ相互通信可能な「みてねみまもりGPSトーク」が発売となり、最有力候補となる可能性大!

相互トーク搭載、2社ネットワーク対応は、かなり優秀。

しかもキャンペーンで本体価格が割引に!

coneco コネコ

  1. メッセージの相互送信が可能。(親からはメッセージ入力可能、子供からは定型文の送信のみ)
  2. GPS本体は、9,800円(税込)とややお高め。
  3. ランニングコストは、月額480円(税込)と若干安め。
  4. 本体サイズが、43mm × 106mm × 16mm、質量が64gとやや大きめ。
  5. バッテリーはカタログ値で4日(条件あり)。実力はもっと短くなると考えられるので、今後に期待。

メッセージ相互送信機能は魅力的だが、本体価格がやや高い。

バッテリー容量が小さいため、頻繁に充電が必要と思われる。

キャンペーンなど無いのが残念。

アミューリンク

  1. あの世界のソニーが開発した家族見守りGPS
  2. 特徴や機能は他社と比較しても標準的。
  3. 双方でボイスメッセージの送信可。(トランシーバーのような感覚?)
  4. GPS本体は、5,980円(税込)。
  5. ランニングコストは、月額748円(税込)。
  6. お試しで使えるレンタル30泊31日は、3,980円(税込)。
  7. 楽天市場で、お得に購入できるタイミングあり。

ランニングコストは他社比較で少し高いが、相互ボイスメッセージは魅力的!

みもりGPSトーク

  1. 2024年3月「みもりGPSトーク」新発売!
  2. トーク機能を搭載したことで、双方で音声メッセージを送信可能に。
  3. 不審者目撃エリアを赤ランプでお知らせ。
  4. GPS本体は、7,480円(税込)。
  5. ランニングコストは、月額748円(税込)。

ついに、みもりGPSも流行りのトーク機能を追加!

しかし不審者目撃エリアお知らせ機能、どこまで役に立つのか微妙な印象を受ける。

現在、新製品発売に合わせたキャンペーン等はなし。

みまるく(2023年4月サービス終了)

  1. 回線はDoCoMoのLTE を採用しており、位置情報を正確にかつ使い慣れたGoogle Mapで把握できるのは魅力的。
  2. 移動履歴、設定エリアの出入り通知、複数人での見守りなど、必要最低限の機能はカバー。
  3. お知らせボタン付き搭載で、一方的な見守りではなく、相互やり取りが可能。
  4. GPS本体は、6,820円(税込)。ランニングコストは、月額462円(税込)で初月無料。

ランニングコストが最安であり、おススメの1社ではあったが、残念ながら2023年4月にてサービス終了。

コレに決めた!

子供みまもり用小型GPSを社比較しましたが、2024年3月現在、各社の特徴や機能が横並びになってきている印象を受けます。また、ランニングコストも同様に月額500円前後に落ち着きつつあります。

おススメはこれ!

当ブログのおススメは、これ!

第1位、「あんしんウォッチャー」

当初は、特徴、機能、現在地発信機能の有無、ランニングコストを含め、非常にバランスが取れた「まもサーチ2」をおススメしていました。そして、相互ボイスメッセージの「BoTトーク」、「アミューリンク」も魅力的です。

しかし、基本性能とGPS本体価格、そしてランニングコストを考慮すると、auが展開する「あんしんウォッチャー」がバランスの取れた一品です。しかもキャンペーン開催中につき、本体代9,900円のみで最長1年間使用可能です!

みまもりGPSを使用していると、「現在地把握だけでは物足りない」といったシーンも少なくは無いので、月額約200円位の差なら…というのであれば、ボイスメッセージ機能付きである「BoTトーク」を選んでみてはどうでしょうか?

番外:まもサーチ2 vs みまるく 徹底比較

「まもサーチ2」、そして同様の機能を有する「みまるく」を徹底比較し、どちらが良いのか評価してみました。

気になる評価結果は? 是非参考にしていただけると嬉しいです。

【徹底比較】みまもりGPS「まもサーチ2 vs みまるく」 子どもが小学生になり、行動範囲も広くなるとやっぱり心配ですよね?そんな不安を解消してくれるのが、子供見守り用GPSです。 子ども...